安定した収入を得たいなら駐車場経営がおすすめ

集合住宅模型
このエントリーをはてなブックマークに追加

築古物件こそお宝です

貯金箱

じっくり待とう

不動産投資をするならば、築浅物件のワンルームマンションや新築の1棟アパートを購入した方が良いと考える人も少なくありません。しかし、必ずしも築古物件が新築物件や築浅物件に劣るわけではありません。むしろ、築古物件は上手に運用をすることができれば、新築物件などよりも高いパフォーマンスを得ることができます。そのための1つ目の注意点は、築古物件を購入する際には、自分が希望している価格まで下がってくることを待つということです。築古物件で不動産投資をしたいという人は少ないため、じっくりと取り組んでいれば、思わぬ安値で購入することができるケースもあります。築浅物件よりも買い手が少ないため、売主の動向をゆっくりと待っていられるのです。

リフォームをしよう

2つ目の注意点は、築古物件を購入したら、最低限のリフォームはするということです。築古物件はそのままだと築浅物件などに見劣りしてしまいますが、数十万円程度のリフォームで内装を新築物件のように綺麗にすることが可能です。入居者は建物の築年数よりも内装を重視する傾向にあります。内装にかかった費用を考慮して家賃設定をしても、内装が新しいため、入居者は難なく見つけることができます。不動産投資で成功している人の多くは、築古物件で上手に運用をしています。誰も手にしないような築古物件を大きく変身させることで、お宝物件にできるのです。不動産投資で大きな収益を上げたければ、競争相手の多い築浅物件は避けて、競争相手の少ない築古物件を手掛けてみましょう。